忍者ブログ

大きな家のボロキッチン

別居だったはずなのに! ある日突然の「壁紙選んでね」という義母の言葉に呆然、あれよあれよという間に同居のための改装終了。 卯年生まれの私も義母が雑事から解放された年齢になりました。うさぎが茨の道を脱出できる日はいつ?

HOME • Admin • Write • Comment






次男の休職問題で一息つけたと思ったら、今度は長男です。
転職活動をしてると聞いて、なぜ?の気持ちでした。

何か嫌なことがあったのか聞いてもそうでもない様子で、マンネリした仕事から脱皮してもっと自分の力を試したい、そんなところでしょうか。
よく聞く話です。

大企業の歯車でなく自分の力を試したい...
人生の辛酸をなめつくした私にすれば、今の安泰と思われる位置にいてほしいと願わざるをえません。

近日中に答えを出さなくてはいけません。











「自分の人生だから自由に羽ばたいて」
まだ成人する前から言い続け、世間では跡取りとも言われる長男を早くに自宅から出ることを勧めたのは私です。

紆余曲折ありましたが、就職は成功したと喜んでいました。
本人もそれなりの満足感を持ってると思い込んでいました。
人生に無駄なことなど一つもない、まさにこの言葉を思い出した順調な社会人スタートだったのに。

何が嫌なの?
転職の相談を受けて聞いてみました。
特に嫌なこともなく人間関係も普通だと思うと、いつものクールな答えが返ってきました。

すでにいくつか内定をいただき、一つを残しお断りしたそうです。
彼はその一社で迷っているのです。
今の会社とは比べものにならないほどの小さな小さな、いわゆるベンチャー企業です。

大企業が絶対なんてことは考えていません。
今、世の中で起こっていることは王者とも思える大企業が瀕死の状態となることは稀ではないと証明しています。

条件も破格、ぜひにと請われているらしく、
ここに来て安住の地位を捨てていいものか、悩ましくなって連絡してきたのでしょう。

技術の世界はまったくわかりません。
そして、父親のマザオは会社員の経験がありません。
なんとなくの感覚で辞めるのは勿体無いと言ってしまった昨夜、息子の将来を変えてしまったかもと悶々としてしまいました。

決断は彼自身が決めること、
でも余計な口出しをしてしまったかも...いつまで経っても子供のことは心配です。

その点、ある意味、義母はすごいです。
息子のマザオに傾きかけた店を継がせ、娘である小姑も、嫁の私も手元に置いて、さらには孫の息子らも巻き込もうとしていたのですから。

にほんブログ村 家族ブログへ
  にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
PR
Copyright ©  -- 大きな家のボロキッチン --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]