忍者ブログ

大きな家のボロキッチン

別居だったはずなのに! ある日突然の「壁紙選んでね」という義母の言葉に呆然、あれよあれよという間に同居のための改装終了。 卯年生まれの私も義母が雑事から解放された年齢になりました。うさぎが茨の道を脱出できる日はいつ?

HOME • Admin • Write • Comment





前回、前々回と続けて職場がらみの出来事を書きました。
週末が終わって、休みの今日は続きの三回目のありえない出来事を書くつもりでしたが、それは後回しです。

遅い昼食を食べ終わるとマザオは義母と連れ立って出掛けて行きました。
サービス付き高齢者住宅の見学です。
シェアハウスのような施設が義母にとって都合の良い場所にありました。

唐突な話に面食らってます。










介護の必要な方は入所できない自立型高齢者ハウスだそうです。
義母の年金でギリギリ、なんとか入れそうな費用ですが、少しだけ援助すれば十分に老後をエンジョイできそうな感じです。

反目して散々ここへ愚痴を撒き散らしてきた私ですが、もしも、本当に入所するというのであれば思いやりの気持ちも出てくる現金さです。二万や三万、いえ五万までならなんとしてでも捻り出してみせます。
それくらい!心の中で密やかに小躍りしながら大盤振る舞いな考えが駆け巡りました。
気持ちは掛け持ちパートへ先走っています。

現実はどうなるのか見当もつきません。
下手なぬか喜びはしないほうがいいと自分に言い聞かせているのですが。
でも、動悸が止まらないのです。
いつもの不安と悲しみに震えた動悸ではなくて、どう表現していいかわからないですが、遠足前に興奮して眠れなかった時のような...。

本当にただ見学へ行っただけなのです。
月々の支払いはクリアできたとしても入所金、この家の行く末、資金繰り、私たちの終の住処、そして小姑たち、問題は山積しています。

前回の続きはまた後で書くことにします。
そわそわして何も手につかず、落ち着かないのです。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で


にほんブログ村 家族ブログへ
  にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
PR
Copyright ©  -- 大きな家のボロキッチン --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]