忍者ブログ

大きな家のボロキッチン

別居だったはずなのに! ある日突然の「壁紙選んでね」という義母の言葉に呆然、あれよあれよという間に同居のための改装終了。 卯年生まれの私も義母が雑事から解放された年齢になりました。うさぎが茨の道を脱出できる日はいつ?

HOME • Admin • Write • Comment






帰宅して玄関を開けたら義母とばったり。
あー!!

昼寝ならぬ夕寝?
風呂にも入らずにうたた寝し、ハッと目覚めてトイレへ行こうと部屋から出て来たところに遭遇したというところでしょう。

うたた寝は私も常習なのであれこれ言えた義理ではないですけど、
「働いてる人が一番偉い」のなら働いてる私が帰宅してすぐにお風呂へ入れるように配慮しろって話です。

今に始まった事ではないですが、
義母の自分中心の自由気ままな言動にいつも、いつまでも振り回されます。

今度、息子の結婚に関してもふっと思うところがありました。











小姑が結婚した頃も決して裕福とは言えなかった我が家です。
マザオの給料は結婚当初から一円も上がらず、むしろ食べさせてやってると言わんばかりでした。
家賃もなく雨露しのいでご飯が食べられる幸せとやらを何度聞かされたことでしょうか。

日々、お金のない暮らしに喘いでいながら同じ屋根の下で聞かされる恩着せがましい言葉の数々にうんざりでした。
そりゃあ、あんたたちは優雅にお金を使ってるでしょうよ!

そんな生活の中で結婚していった小姑らの費用はどこから?
特に事務員小姑はうちの中で働いていたのですから。

貯金で買った...
嫁入り道具に車まで用意してました。
どこにそんなお金があったのか、どんな高級取りだったのか、想像に難くありません。

バツイチなのに普通に二度目の結婚式をあげた小姑。
お金がないお金がないと呪文のように聞かされていたあの時期に家財道具一式を用意した義父母。
共々バツイチの娘を持った義父母は四度の結婚式費用を用意できたわけで、
なぜ私はこんな貧乏くじを引かされているんだ!?と恨めしく思います。

長年の同居暮らし、働き蜂のごとく年月を過ごし、いざ子供が結婚する時期を迎え、比べてみればこの差です。
比べること自体、忌々しいですけど、日々悔しさが募ります。

ちなみにマザオと私、自分たちで全てをまかないました。
少々の援助はありましたけど、それはもう援助というよりお小遣いにも満たないものでした。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で


にほんブログ村 家族ブログへ
  にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
PR
Copyright ©  -- 大きな家のボロキッチン --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]